ZZR0831 Weblog

«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 13 | 14 | 15 | Next»

2012-05-27

2012年 5月 27 日曜日

【アナウンス「】北海道中体連柔道大会開催予定

道内各地の大会開催予定
(現在把握分)
札幌 6/23-24 きたえーる
渡島 6/26 
後志 7/1
旭川 7/3-4
石狩 7/6千歳市総合武道館
胆振 7/8
空知 7/10-11
上川 7/11-12
渡島管内 7/12
posted on 2012-05-27 カテゴリ: 柔道 - 0 個のコメント - 0 個のトラックバック

2012-05-24

2012年 5月 24 木曜日

大会案内<(社)北海道柔道連盟関係>

以下3大会についてアナウンスします。

①平成24年度 JOCジュニアオリンピックカップ
第44回 全北海道ジュニア柔道体重別選手権大会
第15回 全北海道女子ジュニア柔道体重別選手権大会
(兼 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会(男・女)北海道予選)

日時:平成24年7月8日(日)
会場:江別市民体育館

②平成24年度 北海道体育大会 兼 
第67回 国民体育大会柔道競技 北海道予選大会

日時:平成24年7月15日(日)
会場:小樽市総合体育館

③第26回マルちゃん杯北海道少年柔道大会

日時:平成24年7月22日(日)
会場:千歳市開基総合武道館

以上詳細は各柔道連盟にお問い合わせのこと。
posted on 2012-05-24 カテゴリ: 柔道 - 0 個のコメント - 0 個のトラックバック

2012-05-23

2012年 5月 23 水曜日

北海道中学柔道専門委員会合同練習会②

5/27 日曜日 9:30集合 10:00~12:30 
札幌市立東白石中学校 武道場を予定致します。

学校柔道部、少年団、個人等で参加希望の方はメール等でご連絡下さい。
http://zzr.s201.xrea.com/zcj15/hokkaidou_judo.htm
札幌市立東白石中学校 FAX 011-865-5200 中川あてでも結構です。

中学生で個人参加の場合、指導者または保護者等の責任ある成人が引率のうえ、怪我などの場合、引率者の責任において対処お願い致します。

今後毎月一回程度の恒例行事としたいなと考えております。
posted on 2012-05-23 カテゴリ: 柔道 - 0 個のコメント - 0 個のトラックバック

2012-05-19

2012年 5月 19 土曜日

道場補完計画

二ヶ月経たないがなんとか完了に近づいた。
20120519-120519judo.jpg

札幌市立東白石中柔道部、まだまだ未熟だが、だからこそなまら面白い。
posted on 2012-05-19 カテゴリ: 柔道 - 0 個のコメント - 0 個のトラックバック

2012-05-13

2012年 5月 13 日曜日

北海きたえーる 5/12-13

5/12全札幌市中学生柔道体重別選手権大会
5/13全北海道柔道段別選手権大会・全北海道 柔道高段者大会


昨日はコンサートと重なり、会場であるきたえーるは賑わいました。
3大会の模様をダイジェストにてアップしました。


道内全域よりお集まりになった皆様、お疲れさまでした。

また、両日役員としてご尽力頂いた札幌柔道連盟、札幌市中体連、オフィシャルとして活躍された東海大四高校、厚別南中、伏見中、東白石中の部員さんたちはじめご苦労様でした。
posted on 2012-05-13 カテゴリ: 柔道 - 0 個のコメント - 0 個のトラックバック

2012-05-10

2012年 5月 10 木曜日

【告知】北海道中学校柔道大会(深川市開催)

本日10:00~ きたえーるにて 北海道中体連理事会が行われ、平成24年度北海道中学校柔道大会開催要項も無事承認されましたことをご報告致します。

ついては近々道内各中体連事務局に発送される予定です。

なお今年度より、

①紙面による申込用紙配布はしない。
②よって大会ホームページhttp://zzr.s201.xrea.com/zcj15/zendou_taiaki.html
より参加申し込みフォームをダウンロードして頂く。
③各校監督は必要事項入力の上、各地中体連事務局に印刷した用紙とデータを提出する。
④各地中体連事務局・専門委員長はとりまとめて各地柔道連盟と大会実行委員会に申込用紙を送る。データに関しては直ちに実行委員会に送る。

という手順で進めさせて頂きます。

つきましては、大会申し込みフォーム(エクセル形式)を各地予選でも流用して頂き、改善等あればお知らせされ、今後に生かしたいと思うところです。

以上よろしくお願いします。
posted on 2012-05-10 カテゴリ: 柔道 - 0 個のコメント - 0 個のトラックバック

2012-05-04

2012年 5月 04 金曜日

カデ国際中学生女子40kg北海道予選について

日本中体連において女子40kg級の開設が土壇場で継続審議(今年度見送り)となり、平成25年カデ国際予選に向けて標記の用意が必要となりました。

昨年はあまりに急であったため、全道大会44kgより選考し、橘選手が全国予選で優勝しました。
今年は、「何らかの形で予選」を行う方向です。
20120504-2011kade40.jpg

ただ、具体的にはなにも決まっておらず、これから検討に入ります。

少なくとも、
①7~8月上旬に北海道予選を行うが期日は未定。
②場所も未定。
③参加料は徴収しない。
④交通費等は自己負担。
⑤保険は主催者または後援によって負担。
⑥北海道中学大会44kg級とエントリーは可能。
⑦参加資格は全柔連登録済みで階級該当の中学1年生と2年生
というところまではお知らせさせて頂きます。

見通しとしては、
①7/28(土)北海道中学校柔道大会深川開催第1日目の団体戦終了後に行うことが考えられます。その際、女子団体と個人44kg級にエントリーする選手がいることも予想されますが、参加者の負担を考えるともっとも現実的と思われます。
②上記開催が困難な場合、8/4(土)12:30 札幌市立東白石中学校武道場を予定します。

なお全国の予選は、全中神奈川大会団体戦終了後に行われます。こちらの参加必要経費も今のところほぼ同様となる見通しです。

関係各位皆様のおかれましてはご留意のほどお願いします。
正式なアナウンスは、のちほど(社)北海道柔道連盟を通じて行う予定です。

【2012/05/06 訂正】
⑦参加資格について、

×中学1年生と2年生。(平成25年度の中学2,3年生)

→○現在中学2年生(生年月日が12/31まで)と3年生(平成25年度の中3と高一)

以前にもご指摘頂いていたにも関わらず申し訳ございません。その他今のところ変更ありません。
posted on 2012-05-04 カテゴリ: 柔道 - 0 個のコメント - 0 個のトラックバック

2012-04-30

2012年 4月 30 月曜日

北海道中学合同練習会

4年ぶりにこの空気を吸った。
(今年の全日本女子の覇者のかなえちゃんもかつてこの空気を存分に吸ったはず)

20120430-120429gdr.jpg


ワイワイとした雰囲気、溌剌とした皆の表情、畳の音。
(一番驚いたのは、参加者の靴やスリッパが終始整然と並んでいたこと)



この4年間で指導者の顔ぶれに若者が増えた。
また、教師だけではなく、かつての中学生が社会人として顔を並べる。

誤解を恐れずにいえば、私は北海道の柔道の大会成績レベルを上げたいのではない。
少しでも多くの子供らが多くの義理人情と出会い、人生の宝を手にして欲しいと思うだけだ。

「北海道中学柔道専門委員会」…実は今のところ実体がない組織である。
(ん?…実体がないのだから組織じゃない)

れっきとした競技団体ではない曖昧さによって体捌きを軽快にしたいと思うが次第。
(今のところ)
posted on 2012-04-30 カテゴリ: 柔道 - 413 個のコメント - 0 個のトラックバック

2012-04-24

2012年 4月 24 火曜日

道場補完計画進行中

校舎は築4年目の最新モデル。
格技室は築20年ほどの建物だが結構広い…いや、「武道場」と呼べ。

まさに今日、かつて11年間勤めた隣の中学校より30畳を移送し、早くも約130畳の武道場がかなった。
20120424-120424dj.jpg


新任校には名物がある。
「私の姿」と台し、機会あるごとに数十名の生徒達が全校生徒に語りかける。
20120424-120424ws.jpg


これはいい。

正直なところ、かつては隣の学校ということでライバル視し、何からなにまで負けるものかという気でいた。

だが、畳と一緒に新たな歴史の礎も移した感。
(なんちゃって)

「北海道中学柔道センター構想」の第一歩。
(部員12名よりスタート)
posted on 2012-04-24 カテゴリ: 柔道 - 394 個のコメント - 0 個のトラックバック

2012-04-19

2012年 4月 19 木曜日

放映

今日の夕方、テレビのニュースを、今日入ったばかりの1年生を含め柔道部員達と見た。
(ちょこっと俺も映ってた)

中学校保健体育ダンスと武道必修化に関する「不安」がテーマか。

武道への不安がいつのまにかダンスにまで飛び火しているような印象。
(素人教師が指導できるのかという方向)

いっとくが、
たとえば技術科では情報制御と生育が必修となり、
パソコンを使うだけでいっぱいの教師、
動物園の飼育員経験のない教師、
農家の倅でもない教師は「研究」せにゃならん。
(ところがその研究母体も、本務ではないとして某野党に叩かれたっけ?)

あらゆる題材になにもせず100%対応できる教師などおらん。
労働基準法ってなに?…みたいな過酷な労働条件下、さらに新しい題材に必死である。
(ホント命削ってる)

…もとい、マスコミは相変わらず部活動と授業をごっちゃにし、過去何年間かで「授業中に怪我とか死亡」とか伝えるが、誤報だ。

まだ付き合い浅いが、
日々柔道の魅力を信じ、一生懸命頑張っているウチの部員達。

柔道に関わる仲間達。

「精力善用自他共栄」をちゃんと発信するべ。
posted on 2012-04-19 カテゴリ: 柔道 - 0 個のコメント - 0 個のトラックバック
«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 13 | 14 | 15 | Next»